脅しや恐喝をする相手も、弁護士が介入するとピタリとおとなしくなります。

原則、法律相談も適材適所が必要

法律家と呼ばれる資格には、弁護士・司法書士・行政書士などがありますが、最強な資格は弁護士です。司法書士と行政書士は代書屋と呼ばれる資格で、行政に関する書類を作成するのが行政書士、登記に関する書類を作成するのが司法書士で、所詮は本人に代わって代筆する程度に過ぎません。しかし、弁護士はオールラウンドプレイヤーで、司法書士や行政書士の仕事もカバーできます。ただし、弁護士が万能かと言えばNOです。歯が痛くなったら歯医者へ、骨折したら外科医へ行くように、法律相談も適材適所が必要です。

弁護士の代理権は最強

法律の世界で弁護士が最強な資格と呼ばれる理由は、代理権にあります。行政書士であれば、行政書面を本人に代わって代理することしかできません。司法書士は登記書面など権利関係の書類を本人に代わって代理することがメインです。借金問題で困った場合、弁護士であれば金額に関係なく、相手方と本人に代わって交渉ができます。しかし、司法書士では借金額に制限があり、その範囲のものしか相手方と交渉ができず、制限を超えたものは本人が交渉しなくてはなりません。行政書士には本人に代わって借金問題で代理できるものはありません。

弁護士と本人は同等です

例えば、悪徳リフォーム業者の被害にあって高額の支払いをした場合に、弁護士であれば被害額が100万円だろうが1億円であろうが、本人に代わって交渉ができます。しかし、司法書士では140万円以下の場合のみ訴訟代理権が認められるので、140万円を超えた場合は本人が相手方と交渉しなければなりません。悪徳リフォームする輩は法律にも精通しているので、リフォーム被害に遭うような方では言い包められて何も出来ないのが現状です。しかし、弁護士が出て行くと、法律に精通している悪徳リフォーム業者は法律の怖さも知っているので、交渉がスムーズに行くことが多いです。弁護士を雇う一番のメリットは、弁護士が本人に代わって交渉するので、本人は相手方から脅しなどを受けることが一切なくなることです。

ミカタに加入をすると弁護士の費用を気にすることなく依頼が出来るので、万が一の時には非常に役に立ちます。