目的に合わせたおすすめの資産運用方法を紹介します

リスク・リターンを大きくしたい場合

資産運用においてリスクとリターンは相反します。リスクが高ければリターンである利益も高く、リターンが低ければ危険性であるリスクも低いのが一般的です。リスクを冒してでもリターンを追求したい方におすすめなのは、外国株式・外国債券・未公開株の買い付けです。外国株式については格付けランクの低い新興国の商品がおすすめです。しかし、経済情勢などで運用成績は大きく左右されることも多いため、余剰資金で投資をすることが大切です。

リスク・リターンを中程度にしたい場合

リターンはある程度欲しいが、大きなリスクは背負いたくない方におすすめの資産運用方法は不動産・株式・債券を組み合わせた投資信託商品です。これは3つの投資先をバランスよくミックスした商品を購入することで、国際情勢や経済状況の急激な変化にもある程度対応できるのが魅力です。また、個人年金保険もおすすめです。保険商品の一種ですが預金よりも高い運用利率と、個人年金保険料控除による節税効果があるため資産運用に適した商品です。

リスク・リターンを小さく抑えたい場合

リターンは少なくて構わないのでリスクはほとんど背負いたくない方におすすめの資産運用方法は、銀行やゆうちょ銀行の普通預金・定期預金・日本国債の購入です。預金商品は金利こそ低いですが、ペイオフ解禁に伴い1金融機関につき1000万円までは元本・利息が守られていますので、自分自身の資産を守ることができます。国債についても日本国のお墨付きがついていますので、日本が債務超過でデフォルト状態に陥らない限りは安全な運用方法と言えます。

原油の先物とはまだ採掘されていない原油を買い、売ることにより利益を上げる取引のことで、大きな利益を得ることができる分リスクも高いです。