憧れのデザイナーになれる!?デザインの専門学校のあれこれ

デザインの専門学校なら確実に学べる

デザインの専門学校では建築物の設計や様々な物のデザインなどについて学ぶことになります。修業年限についてはその学校によってちがい、2年から最長で4年制の学校などもあります。どの学校でも最初に学ぶことはデザインの基礎ですからスタートラインもみんな一緒で切磋琢磨していくことができます。デザインの専門学校でも一般教養を教えているところがありますので、専門教育以外にも教養を身につけることができ、社会でも通用する人材に育ててくれます。

学校選びは学校見学を

デザインの専門学校を選ぶ際には必ず一度学校見学などに行くことにしましょう。どの専門学校も学生を集めるために定期的に学校見学を開いていますから、そこで実際に学校の設備を見学したりカリキュラムなどについて質問することもできます。学校によっては模擬授業や体験授業なども行なっているので、その学校でどのような教育を行うのかを前もって知ることが可能です。無料送迎などが付いている学校もありますからまずは学校見学を予約しましょう。

社会人でも学べる学校もある

社会人で働きながら学びたいという方は是非夜間の専門学校に行きましょう。無理のない授業内容で昼間部の学生と同じカリキュラムで授業を進めてくれるので、アートデザインから建築デザインまで自分の学びたい分野に応じてデザインを学んでいけます。もちろん卒業したあとにはそのデザインの知識などを活かして転職をすることもできるので、自分のキャリアプランを変更する場合には是非社会人でも行ける夜間部の学校に行きましょう。

就活イベントを見ると明らかなように、大学生でも思うような企業に就職するのは難しいものです。しかしゲームの専門学校の卒業生にとって状況はまったく異なります。