公務員試験突破のための効率的な勉強方法!!

過去問を繰り返し解く

国や県、生まれ育った地域の為に働くことができる安定性の高い公務員は多くの人の憧れの職業の一つですよね。そのために人気も高く試験科目も膨大で難易度の高い試験となっていますよね。新卒者だけでなく社会人の方でも、転職するために受験を控えている方はいらっしゃると思います。公務員試験の勉強方法として過去問に慣れることがとても重要です。繰り返し過去問を解くことで問題の傾向をつかみ、問題に慣れることで知識も身に付きますよ。

日頃から時事に関心を持つこと

公務員試験を突破するために重要な科目の一つとして時事問題があります。筆記試験でも出題されますが、面接でも時事問題について触れる機会があるので、毎日新聞やニュースで気になる時事はチェックしておくことが大切ですね。その時は、気になる時事をただ読むだけでなく自分の考えを持つことも大切です。日本や他国の情勢について学ぶことは、他の教養科目の勉強にも繋がります。毎日5分でもニュースを見ることを意識した生活を送りましょう。

要点を押さえた勉強法

公務員試験はとにかく範囲が膨大ですよね。全てをまんべんなく勉強しようとすると、全て中途半端になってしまったり途中で息切れしてしまうこともありますよね。特に働きながら勉強している人は、全てを完璧に勉強する時間がなかなか取れないですよね。公務員試験の勉強は出るポイントを要点よく効率的にやることが大切です。そのために過去問を解き、傾向をつかみ良く出る問題を必ず落とさないように勉強しましょう。全体や重要なキーワードを着実に身に付けましょう。

国家公務員・地方公務員を目指す場合は専門学校の公務員の講座を受講すれば合格への道が近づきますので、大学生の場合はダブルスクールで夜間に通う事も可能です。