卒業まで行けるかな?と不安を感じている方、挑戦してみましょう通信制大学

出来るかな?と悩んでいる方に

大学に行きたかったけれど、様々な事情であきらめざるを得なかった方や、大学に行く必要を感じなかったけれど、社会人となって働いていて学ぶ必要を感じたり学びたくなった方のために、働きながら学べる「通信制大学」というものがあります。通信制大学は働きながら学べるという利点がある一方、仕事後の疲れ果てた時間や本来なら休息して回復のための休日を勉強や試験に当てるめ、本当に卒業まで行けるのだろうか、時間や授業料が無駄になるのではないだろうか、そんな不安が頭をよぎっている方に、とっておきの方法があります。

通信制ならではの利点を活用しましょう

通信制大学では、テキスト・オンデマンド・スクーリングなどの方法で単位を取っていきますが、社会人にとって一番モチベーションが上がり、単位が取りやすいのはスクーリングです。様々な職域・年齢の学ぶ仲間が集い、同じ目的を持って同じ教室に集まるのです。また、討議も学生だけの空間と違い、実際にその職域で働いている仲間の本音を聞けるという利点もあります。スクーリングの試験も大学によりますが、詰め込みの知識を問う問題と言うよりも、問題点をどう把握して解決に結びつけるかという小論文方式の試験が主流になるため、普段プレゼンテーションに慣れている社会人にとって、そこは活躍できる素晴らしい機会でもあるのです。

社会人の特性を活かせる通信制大学

社会人の利点はスクーリング時の討議だけではありません。自分が学びたいものは何かという焦点も絞れているため、現役大学生のように教養課目をあれもこれもととる必要がありません。資格等に必須の課目の他は卒業に必要な単位数を確保するために最小限興味がある課目を選択すればそれで通常は大丈夫です。通常は、というのは取得したい資格によっては卒業を延期して実習を行わなければいけないものもあるということです。これは自分が学びたい資格について大学の案内等を見ればわかります。

通信制大学は、スクーリング日程が少なく設定されており、自宅で勉強をするスタイルですので、時間を自由に使う事が出来ます。